三日月パッドの購入

FAX注文

フットケアグッズの特約店募集中

バランスパッド 装着サポート

ベルシャンのホームページへ移動します

オーダーシューズの店ベルシャン

前滑りの原因と害について

前滑りとは

歩行時に靴の中で足が前に「すべる」「ずれる」状態のことで、足や体にさまざまな害を及ぼす誘因となります。

足のトラブルの80%は、主にゆるい靴による前滑りに起因しており、靴害の根源的問題といえます。

良い靴の急所は、かかと回りが固くしっかりしていることです。

それによって、かかとの着地が安定し内側に傾く回内足の進行を予防し、しっかり踏ん張れることで前滑りを防止します。

前滑り→足ゆびの踏ん張りが弱る→悪い歩行バランス→さまざま害を及ぼします

靴害が及ぼす主な症状

外反母趾・内反小趾・モートン病・タコ・ウオノメ・巻詰・ハンマートゥ・靴ずれ・足痛・足底筋膜炎・膝痛・腰痛・肩こり・頭痛・冷え症・むくみ・猫背・下半身太り・疲労・便秘・不眠症・胃腸弱・更年期障害・自律神経失調症・うつ病・不調

前滑りの原因

ゆるい靴

サイズが大きい靴を履くと、前滑りだけはなく、内外に横滑りします(下図参照)。
また、かかとが、ゆるく合わない靴や柔らかい靴を履くと前滑りします。

大きい靴による内部での遊び
フィッティング正常時の靴内部フィッティング正常時の靴内部フィッティング正常時の靴内部

足ゆびの筋力が弱い

足ゆびの筋力が弱く(浮趾)、しっかり踏ん張れないため、前滑りを起こしやすくなりますので、バランスパッドを使用して、趾の筋力を強化しましょう。

ヒールが高い靴

ハイヒールやパンプスなどヒールの高い靴は、つま先に重心がかかるため、必然と前滑りしやすくなります。

靴紐がゆるい

紐タイプの靴の場合、しっかり紐を締めていないと前滑りを起こします。
紐を締めることにより、密着度が高まり蹴り出しがしやすくなります。
※締めたままの着脱はNGです。紐を結ぶ手間が足を守ります。

ボールジョイントが合わない

ボール部とは、
母趾と小趾の付け根で横幅が一番広い部分のことで、MP関節とも言います。
ボールジョイントの位置は、個人差があります。

フィッティングのポイントはボールジョイントの合った靴です。

サイズの合わない靴を履いていたり、趾や土踏まずの長さが標準より長かったり短かい場合も、ボールジョイントが合わなくなります。
(例:趾の長い人はボール部がかかと寄りの位置になります)

赤印:ボール部の位置が正常
赤印:靴が大きい場合のボール部の位置
赤印:靴が小さい場合のボール部の位置