バランスパッド体験談

S

S様

脳梗塞発症後、8年以上経っても短期間でパッドの効果が見られたました。

(私は右手に麻痺が残っており、鉛筆書きでは多くの文字を書くことができません。ワープロをご容赦ください)

私は2007年、34歳の時に突然、原因不明の脳梗塞を発症しました。発症当初は右半身麻痺・言語障害が残り、歩行装具を付けて生活することとなりました。しかし発症時期が若かったこともあり、幸いなことに、リハビリを経て普段の生活には支障のないレベルまで回復することができました。装具も外れ、1年間の休職の後、職場復帰することができたのです。

そのリハビリ期間中、療法士さんに進められても殆どできなくて諦めてしまったことがありました。それは“(足指での)タオルつかみ”です。これができなくても普段の生活に支障はほとんど出ないと思っていたので、それほど気にしていなかったのですが、何かが心の隅にひっかかっていました。

S様の趾
S様からの手紙

数年前のある日、電車広告で偶然、「タオルつかみの100倍効果!」を謳う【足ゆびバランスパッド】の広告を見ました。そして以前心の隅にひっかかっていたことが思い出され、いつか試してみたいなぁと漠然と思っていました。そして昨年末、【足ゆびバランスパッド】を扱うベルシャンさんに伺う機会を得たのです。

商品をご紹介頂いた際の私の印象は、「何故これがタオルつかみの効果があるのかイメージがわかない」というものでした。が、同時に、パッドを購入した方の体験談の手記を読ませて頂いて、「試してみる価値はありそうかな」と思いました。それほど高価な商品ではなかったので、まずはやってみようと思い、パッドを1セット購入して帰りました。

次の日から早速パッドをつけて会社に行きました。そんなに早く効果が出ないだろうと思っていましたが、1週間もせずに、歩いたときの”足のひっかかり“が殆どなくなってきたことに気づきました。それまでは疲れてくると、歩いていて何も障害物が無い平らな場所でつまずいたりすることがあり、右足だけ靴のつま先が減っていたのですが、そのひっかかる頻度が極端に少なくなってきたのです。
きっと足指に力が出てきて、歩くときに地面を強く蹴れるようになったことが関連しているのではないでしょうか。

また、足指に力がついた結果だと思うのですが、以前は殆どできなかった、“右足でのつま先立ち(かかと上げ)”ができるようになっていたことに気づきました。かかとをあげた状態をキープできる時間が飛躍的に伸びた印象です。

そして足裏全体で地面をつかむ感触(と表現すれば良いのでしょうか)も出てきました。これにより右足で踏ん張る力が増したように感じられ、“右足での片足立ち”ができるようになってきました。以前は1〜2秒しかできなかったものが、7〜8秒はできるようになってきたのです。

きっとこれらが“タオルつかみの効果”なんでしょう。わずか1ヵ月余りでこれらの効果を実感できた【足ゆびバランスパッド】は本当に素晴らしい商品だと思います。私の実感に興味を抱いた方は是非この商品をお試し頂きたいと思います。

あと、私と同じような苦労をされている方に、是非お伝えしたいことがあります。私のケースでは脳梗塞発症後、8年以上経ってもパッドの効果が見られたという点です。私がリハビリで通院していたころは、「3ヶ月〜半年経ってしまったら、もう劇的な回復は見込めない」と言われましたが、そんなことはありませんでした。もし麻痺等の後遺症に悩んでいて回復を諦めてしまった方がいたとしたら勿体ないことです。私の例がありますので、希望を捨てずにリハビリにトライして頂きたいと思います。

最後にこの素晴らしい商品をご紹介頂き、ベルシャンさんには非常に感謝しております。これからも愛用させて頂きたいと思います。
ありがとうございました。

ベルシャンスタッフ

スタッフからコメント

脳梗塞等で麻痺がある方や下肢装具を付けている方、足・脚の筋力が衰えている方、バランスパッドはリハビリ用としても装着しているだけで自然に効果を発揮します。ぜひお試しください。